スタイルを知る

板から出た釘

キッチンスタイルを理解しよう

キッチンリフォームをする際には、キッチンスタイルの善し悪しを理解しておく事が重要です。 キッチンスタイルには、大きく分けて2つのスタイルが存在します。 1つは、クローズドタイプです。これは、キッチンをダイニングとセパレートして独立させたタイプになります。キッチンが隠れているので、散らかしも見えにくいですし、匂いや煙も回りにくいです。しかし、家族とコミュニケーションが取りにくい部分がデメリットですね。 逆に、家族とコミュニケーションをしっかり取る事が出来るのが、オープンタイプです。このタイプは、ダイニングが狭めでも設置可能なタイプで配膳もスムーズに行えます。しかし、クローズドタイプとは違い、匂いや煙がダイニングに回りやすいのが難点です。 以上の点を理解の上、キッチンリフォームしたいでね。

賢くキッチンリフォームをするには

次に、キッチンリフォームする際には、レイアウトを考えて行う事が大切です。 まず、L型の配列ですが、作業スペースが広く取れる部分が最大の特徴です。二人でも全然楽に作業出来ますので、二人でキッチンに立つ事が多い家庭では、便利ですよ。 次に、I型の配列です。I型は、よく賃貸住宅で使用される一般的な配列です。シンクとコンロ、冷蔵庫を一列に配置する事で、コンパクトなスペースでも、可能となります。 次に、U型の配列ですが、シンクとコンロ、冷蔵庫をコの字に配列する方法です。U型の最大の特徴は、収納場所を多く確保出来る点です。作業スペースも多くなりますし、便利な配列だと思います。 最後が二型です。二型は、作業カウンターを二列に分けて配置するタイプです。対面式によく使用されるタイプで、スペースが狭くても配置出来ますが、移動で床が汚れやすいのが難点ですね。 以上4つの配列を、頭に入れてキッチンリフォームを行う事が、賢いキッチンリフォームと言えるでしょう。