このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除を楽に出来る

暑い夏が来る前に対策!エアコン取り付けは大阪で作業実績が豊富な専門会社に依頼をしておくことで安心できますよ。

水垢などはトイレのコーティングをすることで防ぐことが出来ます。機能性を高くして気持よく使用出来る環境にしませんか?

フローリングはワックス掛けが効果的です

フローリングは定期的にワックスを塗ると光沢が出るだけでなく、傷や汚れが付きにくくなり、日頃の掃除が簡単になります。フローリングの補修として塗るワックスは、半年に一度は塗り替えをしましょう。ワックスは床の材質によって違いますが、一般的に滑りにくく、掃除の手間が少ない樹脂ワックスを使います。液体タイプや、スプレータイプなどがあり、手入れの仕方によって選択しましょう。ワックスを掛ける前に、移動稼働な家具は部屋の外へ出し、ゴミや埃をしっかり取り除きます。掃除機を掛けた後、床用洗剤を使用して床全体を拭き、更に水拭きをしてワックス掛けに備えます。フローリングの木目に沿って端からしっかり塗り込むことで傷対策をすることができます。30分ほど乾燥させると、照り艶が良く仕上がります。

傷のメンテナンスは、専用の補修材があります

フローリングは5年に一度は剥離剤を使用して、全体的に補修します。塗り重ねた古いワックス膜をすべて剥がしてから新しいワックスを塗ると、フローリングの艶が蘇ります。剥離剤は、軽く水分を含ませたスポンジたわしに含ませて、均一に塗りあげます。数分すると古いワックスが白く浮いてくるので、傷のつきにくいヘラを使ってかき集めます。ワックスを取り除いた後は水拭きを行い、新しいワックスを塗って仕上げます。ワックスを塗ると光沢が出て、浅い傷は目立たなくなります。深い傷やへこみは、クレヨン状の補修材を使用します。補修する前に床と同系色の色のクレヨンを探します。アルミ箔に同色のクレヨンを削り、熱を加えて柔らかくした後、傷に流し込みます。フローリングはダイニングテーブルや椅子の脚が擦れてキズが付く場合があります。家具にも傷対策を施すとよいでしょう。補修グッズのクレヨンは、DIYなどで数百円で用意することができます。

傷を付けたくない新築のフローリングにはコーティングなどが必要になります!フローリング補修の事ならこちらにお任せください!